灰と蜜

元ラブホ職員日々徒然

ラブリーだけど、ビジネスホテルでした。

初回の説明なので、若干短めの記事です。

このブログを書き進めるにあたって、まず書いておくべき必須事項があります。
それは私が働いていた職場が、
正規のラブホテルではなかった、ということです。

私の元勤務先は俗に言うと、レジャーホテル、ブティックホテルファッションホテル、ハッピーホテルなど。上記に分類される『法律上はラブホテルではないが、事実上ラブホテル』という宿泊施設でした。

 

そもそも、ラブホテルとは?

 

Wikiから引用させて頂くと
『ラブホテルとは、主にカップルのセックスに適した設備を持つ部屋を、

短時間(休憩)もしくは宿泊で利用できる施設。』とありますが、

実はこれだけでは、法的にラブホテルとは定義されません。

 

ラブホテルは風営法において、営業形態に決まりがあります。

施設全体の設備や、各部屋の設備が規定に該当する場合は

『営業開始届出書』を警察署に提出することが必須条件です。

 

ラブホテルの経営には、風営法による規制が付き物!


その規制内容たるや、詳細に正確さを重んじて書かなきゃ! と頑張ってしまうと
それだけで頭が痛くなるので、端的にかいつまむとこうなります。

  • 官公庁施設、学校、図書館や児童福祉施設等の周囲200メートル区域内で営業NG
  • 看板や広告物は制限あり
  • 18歳未満の者の採用、立ち入りの禁止
  • 警察職員の立ち入り、調査必須

などなど。ラブホテルとしての認可を法的に得るには、

届け出を提出の上、事細かな営業規定に沿わなくてはいけません。

 

つまり「我々はメイクラブなホテルです、やらしいセクロス部屋提供施設です」と

堂々と主張してしまうと、

お前等のような公序良俗に違反するいかがわしい日陰者共は、健全な社会に悪影響を及ぼすに決まっているから、自由に経営させる訳にはいかないぞ、この犯罪者予備軍の製造施設め、という規制をかけられてしまうんですね。

(めちゃくちゃに言い方が悪いですが、要約するとそういうことだと思います)


そうはいっても、私の元勤め先もまた、

短時間休憩を主としたサービスを行なっており、宿泊も可能でした。

フロントは全面曇りガラスに覆われており、

ガラス下部に開けられた小さな穴から、部屋料金のやり取りや接客等を行ないます。

お客様と直接に顔を合わせる機会は、ほぼなし。

客室内装はどぎつい具合にポップで、間違った方向にゴージャスで、えげつないラブリー路線でした。

 

エントランスには、レンタルのコスチューム。

客室の枕元には、これ見よがしなコンドームとローション。

イベントシーズンともなれば調子をこいて、

マムシの精力ドリンクやミニバイブ、手錠などを配布します。


これでもか! ここがいいのか! こういうのが好きなんでしょ!

と言わんばかりに、うさん臭いエロスに満ち満ちている勤務先でしたが、

飽くまでも、ラブホテルではありませんでした。頭がおかしいとしか思えない。

 

まとめ

 

私が働いていたのは、飽くまでもビジネスホテルとしての形式を保つことで、
口うるさい規制の網からすり抜け、便宜上円滑な経営方針を取っていた模様でした。

ラブホテルとしての届け出を行なっていないものの、

サービスは丸っきりラブホテル、というグレーゾーンなホテル。

違法ではない。事実、保健所の方達の出入りもあり、施設内はチェック済み。

営業を行なっていく上での審査は通っている模様でした。

違法ではない、とのことですが、だがしかし。

 

まるで盗作をオマージュと言い張るクリエイターのようです。
見苦しい抵抗はやめろ、このヤリ部屋!

 

という訳で。色々書きましたが、私個人としては当ブログ上で、

便宜上『ラブホテル』という定義名を多用します。


何故って、その方がわかりやすいし説明の必要がないからです。ごめんなさい。

 

もしも、きちんと届け出を出している純18禁ラブホテルでの勤務経験談や、
仕事内容、職務環境などを知りたい方がいらっしゃったら、
当ブログの記事内容は、微妙に主旨のズレがある可能性があります。
そっ閉じするか、参考情報程度に読み流すことをオススメします。

 

当ブログで書かれているのは、

ビジネスホテル(レジャーホテル)での勤務経験談です。


そんなこんなで、以上。今日書きたかったのは、
(ほぼ愚痴ですが)元勤務先ホテルの裏事情と前置きについて、でした。

広告を非表示にする